スポンサーリンク

もし、+675から始まる番号から着信があっても折り返してはダメですよ!

折り返しをしてしまうと、高額な通話料が請求されるかもしれません!

既に、ソフトバンクモバイルが、利用者に対して注意を促しています。

 

この+675から始まる番号は、パプアニューギニアからの着信だそうです。

折り返してしまうと、国際電話として発信してしまいます。

パプアニューギニアへの国際電話は、30秒ごとに249円かかります。

なので、間違っても掛けない様にしましょう。

もし掛けてしまっても直ぐに通話を切る様にしましょう。

 

今回は、この+675について見ていきましょう。

 

+675とは?

+675とは、パプアニューギニアの国際電話番号です。

 

日本の携帯電話からパプアニューギニアへ国際電話すると、

30秒ごとに249円かかります。

2、3分で数千円という通話料がかかってしまいます。

 

なぜ掛かってくるの?

間違い電話ならまだしも、twitterやfacebookでは、多数の着信報告が上がっています。

なので、間違い電話ではなく、何かしらの悪い手口と考えるのが妥当でしょう。

 

ちょっと前にはLINEの乗っ取りなども流行りました。

悪い輩は、あの手この手とお金になる手法を編み出しては騙そうとしてきます。

 

今回の+675は、着信への折り返しなので、

思わず折り返してしまう可能性も高く、とても悪質だとも言えます。

 

私の親戚にも、実際に+675から着信がありました。

幸いにも折り返しはしていないので、被害は出ませんでした。

皆さんもご注意ください。

 

+675で相手がどう得をしているの?

ダイヤルQ2みたいな方法で稼いでいるのかと思ったのですが、

どうもそれとは違うみたいです。

 

大量の折り返しによる通話料がパプアニューギニアの通信会社に入ります。

その通話料の一部がキャッシュバックされているのではないかと考えられるそうです。

 

よくもまあそんな方法をと思いますよね。

こういった裏技ではなく、正攻法で新しいことを考えればいいのにとつくづく思います。

 

+675対策は?

+675から始まる番号からの着信ですが、1種類ではないと考えられます。

なので、着信拒否では対応が難しいと思います。

結局のところ、知らない番号には出ない様にするしかありません。

 

腹がたつので、もし掛かってきたら、全力で出てやろうと思います。

一瞬でも通話になれば、相手に高額な通話料が行くでしょうし。

 

最後に

悪い輩は、あの手この手と、本当に良くもまあ思いついたなぁという手口で

一般人から金を巻き上げようとしてきます。

今回の+675もその一環でしょう。

なので、+675からの番号には折り返さない様にしましょう!

スポンサーリンク
世の中, 生活の関連記事
  • 木幡育也からフロセミドが検出?利用目的や禁止理由とは?
  • 林志郎(道化師)は小児がん経験者?クラウンショーの公演はどこ?
  • 北朝鮮が6回目の核実験実施?人工的な揺れの原因と今後の動向は?
  • 小島忍はイケメンで現在はゲームプロデューサー?結婚してる?
  • セルゲイポルーニンの現在の活動や彼女は?胸の傷やwikiが気になる!
  • 日本刀アイスが関市で発売!味や値段は?取扱店舗や通販を調査!
おすすめの記事