埼玉県の謎の光はUFOの可能性?隕石との違いは?正体を検証!

2017年7月10日の午後8時過ぎ、埼玉県桶川市や川越市などを中心に、夜空に「謎の光」が相次いで発見されました。

謎の光の正体とは?!

隕石なのか?!

もしかしてUFO?!

謎に迫って見たいと思います!!

「謎の光」の特徴

謎の光は、上空から下に落ちているように見えます。

何かが燃えて落ちているように見えます。

しかし、今まで見たことがないくらいはっきりしていたそうです。


スポンサードリンク


桶川市と川越市は、だいたい12km離れています。

その2つの市をまたいで見られていることから、大きいのではと考えます。

普通は隕石は早い速度でまっすぐ落ちるそうですが、この光は急激に回転しているそうです。

隕石の特徴は?

隕石が落ちる時、どのような特徴があるのでしょう?

隕石が地上に落ちる時、とても明るく光るそうです。

満月と比べてもっと明るく光る場合も少なくないそう。

また、あまり早い速度で落下して来ると、大気と激しく衝突し、強く光り、激しく蒸発し、細かく分裂します。

できるだけゆっくりと落ちてきた方が、隕石となって地上に到達します。

時間としては、5秒程度光っていることが多いそうです。

流星や隕石は、落下しながら激しく蒸発し、どんどん小さくなります。

そして、小さくなった粒子が、空気抵抗を受けて十分減速すると、もう光らなくなるそうです。

今回の「謎の光」と隕石を比べると?

今回の「謎の光」は、確かに明るく光っています。

しかし、満月より明るいかといわれたら、そうでもないような気がします。

また、下に落ちて行く際、すごく下まで光っています。

隕石は落下しながら小さく蒸発するそうですが、これは小さくなっていません。

また、日本プラネタリウム協議会の糸賀富美雄理事長によると、この光は急激に回転しているため、隕石でない可能性が高いそうです!!!


スポンサードリンク


では、これはなに?

空から光る物体が落ちて来ると行ったら、ラピュタのシータか、UFOしか思い浮かびませんね!

他の「謎の光」の映像も見てみよう!

今までも、謎の光はいろいろ目撃されていて、動画もあります。

他の映像も見て見ましょう!

最後の映像は、確実に隕石ですね。

やっぱりこれと比べると、今回目撃された「謎の光」は違うような気がします。

明るさが断然違いますよね。

今回のは、確かに明るいけれど、隕石に比べると明るさが足りませんし、なんだかゆらゆらしています。

今回の「謎の光」は、福島や岩手でも目撃情報がありました!

かなり広範囲で目撃されていますね。

なんなんだろう・・・

終わりに

日本プラネタリウム協議会の理事長も、「何の光かわからない」と言われているので、これはUFOの可能性が高いですよ!

私は、UFOを信じているので!!

これはミステリーです!!!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする