キッズウィークってなに?子供がいない場合のメリットはある?

政府は18日に、来年度から「キッズウイーク」なるものを導入することに向け、初会合を開いています。

そもそも、「キッズウイーク」って何なのでしょう?

子供のいない家庭には、なにかメリットはあるのでしょうか?

調査してみました!

キッズウイークって何?

そもそも、「キッズウイーク」って何なのでしょう?

スポンサードリンク

政府によると、全国公立小中学校などの夏休みなどの長期休業の一部を自治体ごとに分散させる働きだそうです。

分散化の具体例として、夏休みの最後の5日間を短縮して学校を再開。その、短くなったぶんの5日間を、どこかの平日の月曜日から金曜日に当てて、前の土日と後の土日の4日を付け足して、9連休にするという働きです。

なぜキッズウイークなんて作るの?

なぜ、クッズウイークなんて作るのでしょう?

そのまま夏休みを休めばいいじゃないですか。

なぜ、政府はそんなことを考えたのかというと、働き方改革と合わせて進めている「休み方改革」の一環で、保護者の有給休暇取得を促すのが狙いだそうです。

また、平日なら空いているから、どこかにお出かけしたい人にぴったりということ。

そのお出かけ先の地方が活性化されること。

世界の基準を意識している。

などなど・・・・

各自治体で分散化されるので、休みが集中しないぶん、お出かけした時の混雑を免れるんですね。

キッズウイークの効果は期待できる?

そもそも、来年度からクッズウイークを導入するなんて行ってますけど、効果は期待できるのでしょうか?

私は看護師をしていましたが、人手不足の今、平日に子供がいる家庭は9連休を取るなんて、絶対無理です。

スポンサードリンク

そもそも、プレミアムフライデーなんて、取れてるのは、全体の2.5%から3.7%ですよ?

本当の大手しか取れません。

親が休めないキッズウイークなんて、意味があるのでしょうか?

保育園は空いてても、小学生はどこに預けたらいいの?

学童保育も待機児童はいます。

親の負担が増えるのは目に見えています。

政治家は世の中をわかってない!!

9連休あるからって、どこかに連れて行けるほど裕福な家庭も少ないと思います。

夫婦揃って有給休暇9連休取って、お出かけ〜〜なんて、どこのブルジョアですか?!

独身者、子供のいない家庭はどうなる?

まあ、子供がいる家庭は有給休暇を取れたとしましょう。

そのしわ寄せは、子供のいない人にかかってきます。

独身者だって、子供のいない家庭だって9連休欲しい!

でも、子供がいる家庭が優先でしょう。

そうなると、子供のいない人は、有給休暇が取れにくくなる可能性だってあります。

好きで子供がいないんじゃない人もいます!

子供が欲しくても、できない人がいます!

なんで、子供がいる人優先なんですか!!!!

そもそも、看護師時代、有給休暇なんて取れませんでした。

夜勤もこなしながら、人手が足りない中走り回っていました。

子供がいる人が、お子さんが熱を出して休んだ日なんか、もう大変でした。

でも、お子さんが熱を出すのは仕方ないこと。

それをとやかくいうのはかわいそう。

そう思って仕事したものです。

それが、こどもがいるってだけで、9連休取られて、いない人は働けとなると、子供のいない独身者、子供のいない家庭は不満が溜まるのは目に見えています。

では、子供のいない人も、9連休をとらせるなんて、よほどの大手じゃないと無理です。

政治家は、自分たちが裕福に育っているから、わかってない!

いつもそう思います。

世間と制度がずれてきてる。

そもそも、限られた有給休暇の数で、5日間使ってしまったら、後何日残りますか?

子供は急に熱を出します。

いざという時に、もう有給休暇はないとなると、その方が困ります。

病児保育は高いですから。数も少ないし。

おわりに

私は結構批判的になってしまいましたが、大手の有給休暇が取れる人にはいい制度なんだと思います。

でも、それはごく少数です。

政府の人は、それよりももっと子供がいる家庭の人が働きやすいように保育園を増やしたり、時短をもっと普及させたり、することがあるはずです。

そして、子供が欲しくてもできない家庭の人が、もっと低価格で不妊治療ができるようにするなど、制度を整える必要もあります。

休みにばっかり目を向けず、現実に目を向けてほしいものです。

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする