岡浩一朗のwikiや経歴は?授業やゼミの研究内容や成果を調査!

座りすぎについて研究をしている岡浩一朗さん。

今回、世界一受けたい授業の2時間スペシャルに出演されることが発表されました。

岡浩一郎さんのプロフィールや、研究内容、成果について調査していきたいと思います!

岡浩一郎さんのプロフィールについて

まずは、岡浩一郎さんのプロフィールについて調査してみてみました!

・生年月日:不明

・卒業高校:岡山県岡山一宮高等学校

・卒業大学:岡山大学教育学部


スポンサードリンク


     岡山大学大学院教育学研究科修士課程修了

     早稲田大学大学院人間科学研究科博士

     後期課程修了

     博士(人間科学・早稲田大学)習得

・職歴:早稲田大学人間科学部 助手

   東京都老人総合研究所 日本学術振興会特別研究員PD

   東京都老人総合研究所 介護予防緊急対策室 主任

   早稲田大学スポーツ科学学術院 准教授

すごいですね・・・・

岡山大学で大学院まで出ているのに、さらに早稲田大学で大学院に入り直し、学びを深めるとは・・・・。

勉強が好きなんですね・・・・

その脳みそ分けて欲しいです(笑)

研究内容とは?

研究プロジェクトとしては、

小学生、中学生の身体活動、在行動の実態と関連要因の解明及び支援方法の開発や


スポンサードリンク


座位行動の改善に着目したメタボリックシンドローム予防に関する研究

勤労者における座りすぎの健康影響の解明及び座り過ぎ解消方策の検討

高齢者においても、座りすぎの健康影響の解明及び座り過ぎ解消方策の検討などなどの研究を行なっています。

ここでは、テレビで講演される座りすぎについての研究について書きましたが、そのほかにもスポーツ選手が抱える健康問題への心理的援助に関する研究や、成人の身体活動、運動行動の実態と関連要員の解明及び支援の開発なども行なっておられ、幅広い研究をされています。

難しい〜〜〜〜!!!!!

書いてて、頭パンクしそうでした(笑)

さすが早稲田大学博士。

主に健康や、スポーツ心理学、老年医学、ストレス医学など研究しているようです。

大学院研究領域・研究指導は何をしているの?

博士課程1年生コースの介護予防マネジメント研究指導や、

修士課程・博士後期課程のスポーツ医科学研究領域・健康行動科学研究指導をされています。

研究課題としては、運動・スポーツを主体とした健康づくりに関する心理・行動科学的アプローチだそうです。

わかります??

私は、一生懸命調べてはみたものの、難しくてわからない(笑)

主に、「座り過ぎ」が健康寿命を縮めるということを提唱しているようです

日本人成人の座位時間は、国際比較研究によると最長で、多くの国民が座りすぎなのだそうです。

座りすぎることによって、死亡のリスクが高まっていくそうで、認知機能や抑うつ、機能的体力、運動器疼痛にも悪影響を及ぼしているそうです。

研究成果について

岡教授は、この座りすぎを解消するために、様々な研究をしておられます。

その研究の成果を創出し、世界に発信するために

「WASEDA’S Health Study」

を設立されています。

終わりに

座りすぎの危険性について提唱している岡教授。

番組ではどのようなことを教えてくれるのでしょうか?

しっかりお勉強しましょう!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする