株式会社シバ(初代リカちゃん)が倒産?商品やHPを調査!

株式会社シバが破産申請手続きを開始したとニュースになっています。

負債総額は4億3千万円。

1945年創業の老舗でした。

株式会社シバは初代リカちゃん人形を製造したメーカーです。

初代リカちゃん人形は1967年に現在のタカラトミーから発売されましたが、

製造したのは株式会社シバでした。

他にも「お風呂アブちゃん」や「おどるリズミーちゃん」など、

子供向け玩具の製造をしていました。


スポンサードリンク


今で言う、レトロな製品の製造をしていた株式会社シバ。

どんなメーカーだったのでしょう?

今回は、株式会社シバについて調べてみました。

株式会社シバが倒産?どんな会社?経緯や負債額は?

株式会社シバは、初代リカちゃん人形の製造を担当したメーカー。

東京都江戸川区にあり、日本プラスチック玩具工業協同組合に加盟していました。

「お風呂アブちゃん」や「おどるリズミーちゃん」「虹のナナちゃん」などは、

発売当初は株式会社シバのオリジナル商品でした。

株式会社シバは、7月26日付で、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けました。

負債総額は約4億3千万円とのこと。

柴製作所として創業し、国内外に工場を持っていましたが、

90年代からは中国に外注するようになっていました。

近年は売り上げが低迷していました。

株式会社シバのHPは?

株式会社シバのHPを探して見たところ、すでに閉鎖されていました。

「http://www.shiba-web.com」がアドレスです。


スポンサードリンク


株式会社シバの商品は?

日本プラスチック協同組合によると、

株式会社シバの過去のオリジナル商品として、以下のものが紹介されています。

  • 虹のナナちゃん(1971年発売)
  • お風呂アブちゃん(1971年発売)
  • おどるリズミーちゃん(1973年発売)
  • もペット人形シリーズ(1977年発売)

いずれも、昭和レトロアイテムなので、手に入りにくいですね。

昭和玩具記念館のような場所には残ってそうです。

小さい頃遊んだ記憶のある方もおられるのでは?

最後に

「優しい心を育むお人形の専門メーカー」として営まれていた株式会社シバ。

抱き人形など、子供向けの商品の製造をしていました。

近年では中国に外注していた様で、経営も厳しい状態だったと考えられます。

昭和の古き良き時代の玩具を作っていたメーカーだけに、

破産してしまったのが悔やまれます。

同社の商品が手に入らないか、ヤフオクなどで調べてみましたが、

「虹のナナちゃん」がいくつか出品されているのみでした。

欲しい方は早めに入手された方が良いかもしれません。


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする