多井隆晴(雀士)の解説が凄い!大学や連盟脱退理由・年収を調査!

麻雀ってabemaTVなどで中継されてるのを知ってますか?

最近の流行りは、雀士のファッソンなんだそうです。

キメネクタイやキメメガネといった感じだそうです。

過去に勝った時にアイテムをチョイスして

大事な試合に挑むのでしょうね。

験担ぎって大切です(笑)

今回取り上げるのは多井隆晴さん。

メイクにこだわることで有名なんだとか。

そして、最速最強の雀士としても有名です。


スポンサードリンク


他にも、解説が上手いと評判。

多井隆晴といえば、日本プロ麻雀連盟を脱退し

新団体RMUを立ち上げた事でも話題になりました。

それでは、多井隆晴さんについて見て行きましょう!

多井隆晴とは?出身大学は?

まずは多井隆晴さんのプロフィールから。

  • 生年月日:1972年3月17日
  • 血液型:B型

多井隆晴さん、最速最強として有名ですが、

本人のキャッチフレーズが「最速最強」なんですね。

麻雀を始めたのは5歳からだそうです。

サラリーマン時代は一部上場企業に勤めていましたが、

麻雀マスターズの決勝に進出したことをキッカケに退社しています。

ものすごい勇気ですよね。

雀士の年収って凄いんでしょうか?

一部上場企業に勤めていた多井隆晴さん。

大学もかなり良いところに行っていたのでしょう。


スポンサードリンク


調べてみましたが情報は無し。

多井隆晴さんは戦績も凄いです。

  • 第1回麻雀日本シリーズ優勝
  • 第2回麻雀日本シリーズ優勝
  • 第1期RMUリーグ優勝
  • 第3期RMUリーグ優勝
  • 第6期RMUリーグ優勝
  • 第8期RMUリーグ優勝
  • 第1回日本オープン優勝
  • 第9回日本オープン優勝
  • 第5期RMUクラウン優勝
  • 第31期王位
  • 第1回RMU長崎麻雀選手権あじさい記念優勝
  • 2014GⅢウエスタン優勝
  • 2011オープンリーグ優勝
  • 2013オープンリーグ優勝
  • 2013クライマックスリーグ優勝
  • 第11期プロ新人王
  • RMUアワード2007 最優秀選手賞
  • RMUアワード2009 最優秀選手賞
  • RMUアワード2010 最優秀選手賞
  • RMUアワード2011 最優秀選手賞
  • RMUアワード2012 最優秀選手賞
  • RMUアワード2013 最優秀選手賞
  • RTDマンスリーリーグ2016 優勝
  • 2016年度四神王座 優勝
  • 第1回極雀位
  • 第2回極雀位
  • 麻雀の鉄人「挑戦者 藤田晋 リベンジ」優勝
  • 2016年前期クライマックスリーグ
  • 2016年度RMUスプリントカップ アースカップ優勝
  • 2017年 セガ NET麻雀 MJ Arcade 記念大会 優勝
その他優勝多数、決勝進出多数

出展:wikipedia

とんでもない数のタイトルを保持していますよ。

収入も凄そうです。

多井隆晴の年収は?

過去テレビで女流雀士の二階堂亜樹さんが年収を話されたことがあるそうです。

当時、トップクラスだった二階堂亜樹さん、1000万を楽々と超えていた様です。

麻雀の大会の賞金も気になりますよね。

ちょうど少し前、全国麻雀選手権で賞金が1000万円として参加募集していました。

そのサイトがこちら。

全国麻雀選手権 公式サイト | 賞金総額1000万円 参加費無料

この大会は賞金が高い方ですが、100万円から数百万円が賞金の相場みたいです。

そして、団体の代表を務める多井隆晴さん。

書籍も出版されていますし、解説でメディアに出演することもあります。

このあたりも考えると、数千万の収入があるのではないでしょうか?

何か手がかりになることがないか、多井隆晴さんのツイッターを調べて見ましたが、

特に手がかりはありませんでした。

残念(笑)

多井隆晴の解説が凄い!

早速、多井隆晴さんの解説動画を紹介します。

フランクな喋りの多井隆晴さん。

フランクというより、軽い(笑)

打ちながらの解説なので、面白いですね。

多井隆晴が連盟を脱退した理由は?

現在、麻雀の団体は7つあるそうです。

その中で一番加盟人数が多いのが日本プロ麻雀連盟。

多井隆晴さんも過去、この団体に所属していました。

2006年、多井隆晴さんを含め、多数の会員が脱退しています。

原因として言われているのが、連盟の不透明さと不正。

八百長や、言論統制、金銭の流れの不透明さがあったとされています。

この様な連盟の体質に嫌気をさして

多数の雀士が脱退したのではないかと言われています。

最後に

プロ麻雀の世界も深いですね。

一般参加ができて賞金がある大会とか、色々と面白そうです。

興味がある方はチェックしてみましょう(笑)


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする