ドライブスルー葬儀場は画期的でも不謹慎?デメリットは?

新しいアイデアを考えるのに、

全く異なる2つを掛け合わせる方法があります。

このドライブスルー葬儀場は、まさにその発想。

高齢化社会の進む昨今、

どうすれば負担が少なくなるかという考え方は、

どの分野でも必須になってくることですよね。

葬儀に参列するのも大変ですし、

急の時の服装が無いなど、参列しにくい状況も有りえます。

そういったところに答えるこのサービスは凄いのかもしれません。


スポンサードリンク


今回は、ドライブスルー葬儀場について考えてみます。

ドライブスルー葬儀場とは?画期的なシステムとは?

ドライブスルー葬儀場とは、

名前の通り、葬儀の参列をドライブスルーで行えるシステムです。

仕組みは

ファストフード店のドライブスルーのように、クルマを降りることなく葬儀に参列できるシステムです。専用レーンを1台ずつ進み、受付台に備えられたタブレット端末を通じて参列者のお名前やご住所を登録いただき、香典をお預かりします。自動焼香システムにより、その場で焼香することも可能です。喪主をはじめとする場内の参列者は、その様子をカメラを通じてモニターで確認できます。

出展:乗りものニュース

とあります。

記事内では、車の中から拝むシーンや

焼香ボタンの画像がイメージとして貼られています。

これら画像から、どうも不謹慎なイメージを感じてしまいます。

それでも、車から降りずに全てが完結してしまうのは、

便利といえば便利ですよね。

ドライブスルー葬儀場は不謹慎にならない?

このシステムを考案した上田南愛昇殿の荻原政雄社長は、

「ここまで簡素化していいのか」という気持ちもありましたが、少子高齢化によって葬儀参列者は全体的に高齢化しており、スタイルも変化しています。それに、喪主さんは「あの人は(葬儀に)来た、あの人は来ていない」ということをよく覚えているものです。それは、行きたくても行けないという方にとっても心残りになりますので、ひとりでも多くの方に参列いただくことが重要だと考えています。

出展:乗りものニュース


スポンサードリンク


と語られています。

確かに、高齢化社会の今、体の不自由な方が葬儀に参列するのは大変です。

それに、「あの人来なかったよねぇ」とか言う話もよく耳にします。

それぞれ事情がありますが、ちょっとしたことが恨み節になるのは嫌ですよね。

そういう意味では、

葬儀に参列する事に意味があるという考え方は一つの正解だと思います。

ただ、そもそも、来た来なかった言われるということは、

「あの人来たけど車から降りなかった」と言われかねない気もします。

車から降りない事で不謹慎だと言われる気もします。

そこを葬儀場がルール化してしまうのは良い事かもしれませんね!

ドライブスルー葬儀場を使うメリットは?

葬儀を行う親族がドライブスルー葬儀場を選ぶ事でのメリットは大きいと思います。

それこそ、個人と繋がりのある方に、体の不自由な方がおられる場合や、

本当に急だった場合など。

参列したいけど出来ない方が、参列できるというメリットはとても大きいですよね。

それに、参列する方も、参列出来た事で、個人を偲ぶことが出来ます。

最後に

賛否両論ありそうなドライブスルー葬儀場。

一見、不謹慎に感じましたが、大切なのは個人を偲ぶこと。

その部分にアプローチしたドライブスルー葬儀場は、

とても意義のあることだと感じます。


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする