スーパー猛毒ちんどんのwikiは?実体験曲や歌詞・メンバーを調査

スーパー猛毒ちんどんのwikiは?実体験曲や歌詞・メンバーを調査

みなさん、スーパー猛毒ちんどんというロックバンドグループをご存知ですか?

知的障害を持つメンバーが集まって結成されたロックバンドグループです。

メンバーたちの体験が詰まったオリジナル曲が特徴的です。

今回は、スーパー猛毒ちんどんを調査してみました!


スポンサードリンク


スーパー猛毒ちんどんとは?

スーパー猛毒ちんどんについて調べてみました。

wikiを探してみましたが、見つかりませんでしたので、独自に調査した内容をお伝えします!

「スーパー猛毒ちんどん」とは

埼玉にある障害者団体「虹の会」が運営している

主に知的障害のある方が働く「にじ屋」のメンバーを中心に結成されたロックグループです。

グループを結成したのは、元女子プロレスラーの新田猫子さんだそうです。

メンバーを調べてみたところ、はっきりと分かったのは

リーダーの井上正邦さん、アコーディオン担当の新田猫子さん

和太鼓担当のコンポーザー佐藤さん、井上さん?。

他にも沢山のメンバーが、白塗り化粧と派手な衣装で入り乱れ

踊り、歌い続けるライブは圧巻だとか。

グループ名は、「スーパー○○ちんどん」で

○○の部分は毎回その時に気になった言葉が入っていたそうです。

最近では「猛毒」で固定されているんだとか。

スーパー猛毒ちんどんの実体験から作られた歌詞とは?

スーパー猛毒ちんどんの曲の歌詞は、すべてメンバーの実体験から作詞されているそうです。


スポンサードリンク


メンバーの一人、井上さんという方の実体験で

通学している養護学校の先生からいじめを受けた話から

「いじめ」という歌詞が作られたそうです。

この歌詞には、先生から、どの様にいじめられたのか、助けてもらえなかった事や

理解されない苦しみが込めれています。

他にも、「壊してあげる」という曲では、障害を持つ人の心の苦しみが込められています。

辛い体験だったからこそ、歌詞にして、ライブを行い

「オレたち、イカれたスーパーヒーロー」と大きな気持ちで活動されています。

スーパー猛毒ちんどんの曲を紹介

スーパー猛毒ちんどんの曲を紹介します。

スーパー猛毒ちんどんの代表曲といえば「いじめ」です。

実体験から作詞された曲は印象的。

動画がありましたのでごらんください。

つぎに「あしがない」という曲です。

体に自由が利かない悲しい体験を綴られた曲です。

他にもイベント「濁流」の様子がありましたのでどうぞ。

派手でカラフルな衣装と白塗り化粧でライブする彼らの姿はとても印象的です。

最後に

障害を抱えながらも元気に活動されているスーパー猛毒ちんどんのみなさん。

「オレたち、イカれたスーパーヒーロー」と力強く演奏されている姿が印象的です。

これからの活躍も楽しみにしています!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする