大友啓史監督の作品は?次回作への批判は?実家や息子を調査!

大友啓史監督の作品は?次回作への批判は?実家や息子を調査!

「3月のライオン」「るろうに剣心」「プラチナテータ」などで知られる大友啓史監督。

いまや日本のヒットメーカーですよね。

そんな大友啓史さんについて、調査してみました!

大友啓史監督はどんな人?実家や息子は?

ますが、大友啓史監督のプロフィールから調査しましょう!

  • 生年月日:1966年5月6日
  • 出身地:岩手県盛岡市
  • 出身中学:盛岡市立上田中学校
  • 出身高校:岩手県立盛岡第一高等学校
  • 出身大学:慶應義塾大学

大友啓史監督は、1990年にNHKに入局し、秋田放送局でディレクターとして配属されます。

1994年からNHKのドラマ番組部に在籍し

スポンサードリンク

1997年から2年間、ハリウッドの撮影現場や、南カリフォルニア大学で

ディレクティングや脚本など、映像に関するあらゆる技術を学んでいます。

帰国した1999年に政策局第2制作センタードラマ番組部に所属となり

2007年にNHKに在籍時に土曜ドラマ「ハゲタカ」を撮影し

テレビドラマ会最高峰の世界で最も歴史と権威のある

黒衣祭番組コンクールの一つである「イタリア賞」を受賞しています。

大友啓史監督は、2009年公開の映画版「ハゲタカ」で映画監督デビュー

スペシャルドラマ「白洲次郎」でAsian Television Award奨励賞等受賞しています。

2011年にNHKを退職し、株式会社大友啓史事務所を設立

2011年8月にワーナーブラザーズジャパンと監督契約を締結しています。

その後、るろうに剣心シリーズや、プラチナデータで、数々の記録更新をしています。

大友啓史監督の実家について調べて見たのですが、情報がありませんでした。

しかし、出身地が岩手県盛岡市なので、そこに実家があると考えられます。

息子さんはおろか、家族構成などの情報も出回っていないようです。

しかし、一部の情報によると、幸福の科学の大川隆法さんの

スポンサードリンク

娘さんの沙也加さんのお婿さんが、大友啓史さんの甥っ子だそうです。

奇妙な縁ですね。

大友啓史監督が気にした「3月のライオン」への批判とは?

3月のライオンを映画化することについて、

主人公の桐山零の義姉幸田香子の役が有村架純さんなのが

イメージに合わないと賛否両論でした。

幸田香子は孤独や嫉妬などの複雑な感情を抱えながらの生い立ちを持つ女性で

気性が荒く、キツイ言葉を発する反面、寂しがり屋で脆いところがある役どころです。

可愛く癒し系の有村架純さんとイメージが合わないのかもしれませんが

そこは演技力に期待ですよね。

映画「3月のライオン」の予告編がありますので紹介します。

大友啓史監督の作品を調査

大友啓史監督がフリーになって、初の監督作品である

「るろうに剣心」は30.1億円の国内興収となり

64カ国2地域及び各映画祭で上映され、釜山国際映画祭に招待作品として上映されています。

また、フリー転身後2作目の「プラチナデータ」では103.655枚という

前売りチケット東宝史上初の販売枚数を樹立し

完成披露試写会の応募への当選確率も東宝史上初の応募10万通超えを樹立しています。

最後に

家族構成などに関しては謎の多い大友啓史監督ですが

作品はどれもヒット連発で、素晴らしいですね!

次回作も楽しみです!

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする