Amazonフレッシュ取扱い商品と配送業者は?地方はいつから?

Amazonフレッシュ取扱い商品と配送業者は?地方はいつから?

Amazonフレッシュが日本でも開始されたとニュースになっていました。

鮮魚や精肉、野菜などが最短4時間で届くサービスです。

商品には鮮度保証付きで、鮮度が悪い場合は返金されるそうです。

Amazonといえば、配送を担当するヤマト運輸が

当日配送サービスから撤退するというニュースも話題になっていました。

そんな中、最短4時間で配送するということは可能なのでしょうか?

今回は、Amazonフレッシュについて調べてみました。


スポンサードリンク


Amazonフレッシュとは?

Amazonフレッシュとは、鮮魚や精肉、野菜などの鮮度のあるものを

注文から数時間後に届けるサービスです。

2007年に、アメリカのシアトルでサービスをスタートさせました。

今では、ニューヨークやカリフォルニア州なども提供エリアとなっています。

そして今回、日本でも東京都の以下エリアでサービスが開始されました。

  • 港区
  • 千代田区中央区
  • 江東区
  • 墨田区
  • 江戸川区

エリアは順次拡大していくそうですが

しばらくは東京都中心部から広がって行くのではないかと思われます。

日本では、月額500円のサービスですが、プライム会員は月額費無料となります。

配送料は注文金額6千円以上で無料、6千円未満で1回5百円だそうです。

Amazonフレッシュの取扱商品は?

Amazonフレッシュの取扱商品を見てみましょう。

フレッシュというサービス名から連想できる通り、生ものが取り扱われています。

例えばお肉。

牛肉では、松坂牛や黒毛和牛などのブランド牛から

アメリカ産の低コストの牛肉まで揃えられています。

豚肉や鶏肉はもちろんのこと、ソーセージなどの加工食材の取扱いもあります。


スポンサードリンク


鮮魚も色々と面白いです。

冷凍や冷蔵の切り身やエビなどから、刺身用の鮮魚まであります。

干物や珍味もあります。

まさかAmazonで刺身を変える日が来るとは思いもしませんでした。

Amazonフレッシュでは、洋菓子の取扱いもあります。

ロールケーキで有名な「堂島ロール」もありますよ!

そして謎なのが、Amazonフレッシュ取扱い商品として

文具やオフィス商品、パソコン周辺機器もあること

コピー用紙やプリンターインクが取り扱われています。(笑)

フレッシュなんですかね?

Amazonフレッシュの配送業者はどこ?

運送業者のドライバー不足や過酷な労働環境が話題になっていますよね。

そんな中、Amazonフレッシュの配送を担当できる業者はあるのでしょうか?

Amazonフレッシュでは、Amazonが自社配送することで対応するそうです。

とうとう自社で配送部門まで構えてしまったAmazonですが

本業の配送業者より厳しそうな気がしますよね。

Amazonフレッシュは地方はいつから?

東京都の一部で開始するAmazonフレッシュ。

今後の地方展開はあるのでしょうか?

都心より、過疎化が進み、スーパーすら無いような地方の方が

配達まで時間がかかっても、こういったサービスが欲しいですよね。

しかし今の所、順次拡大とあるのみで、地方でのサービス展開はまったくわかりません。

ぜひ地方でもサービスをして欲しいところです。

最後に

最短4時間で注文した商品が届くというAmazonフレッシュ。

自社で配送までしてしまうというから驚きです。

今後は順次エリアを拡大して行くとのことですので、期待しちゃいますよね!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする