尾崎由香の演技は下手?号泣した理由は?子役時代や大学を調査

尾崎由香の演技は下手?号泣した理由は?子役時代や大学を調査

けものフレンズが舞台化されることになりましたね。

メインキャラクターのサーバル、フェネット、アライグマの3名と

ジャパリパークのペンギンアイドルユニット『PPP」は

声優さんがそのまま演じるそうです。

けものフレンズでサーバルを演じた尾崎由香さんについて

今回は調査していきたいと思います!

尾崎由香とは?大学はどこ?

まずは、尾崎由香さんのプロフィールについて紹介したいと思います。


スポンサードリンク


  • 生年月日:1993年5月15日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:AB型
  • 身長:150cm
  • 所属:響
  • 趣味:映画鑑賞、写真、山登り
  • 愛称:おざぴゅあ

0歳の時に、パンフレットに映ったことを芸能活動の始まりとしています。

小学3年生の時から、舞台やテレビを中心に子役として活躍していました。

しかし、2015年に元の事務所を退所し

芸能活動をどのように仕切りなおそうかと模索していたところ

現在の事務所である響から勧誘を受け、移籍しています。

その後、声優として活躍しており

2015年9月19日開催の「ミルキィホームズ 秋の大運動会」の

放送部としての場内アナウンスが初仕事です。

その後、2016年に「ラクエンロジック」内の

コーナーアニメの主人公、須木菜乃花あど役が初の主演アニメデビューとなっています。

同じ事務所の声優ユニットを組んでおり

茨城県公認インターネット動画サイト「いばキラTV」で番組を担当するなど

多方面で活動中です。

そして、けものフレンズにて、サーバル役に抜擢され、初のレギュラー作品となっています。


スポンサードリンク


尾崎由香さんの行かれた大学なども調べてみたのですが、情報はみあたりませんでした。

尾崎由香の演技は下手なの?

初めての作品では、多少下手な部分もあったそうですが

けものフレンズでは上手くなったという声も聞かれます。

サーバルの演技が、若干棒読みですが、舞台的な演技らしいです。

ですので、演技が下手という声も上がったようですが

今ではその喋り方がサーバルらしいと評判です。

声優としては、まだまだ経験値が低いので、これからの上達ぶりに期待ですかね。

尾崎由香が号泣した理由は?

尾崎由香さんは、けものフレンズの最終回の台本を読んでいる時、家で号泣したそうです。

理由については、やはり、最終話に感動したのではないでしょうか?

けものフレンズは、ハッピーエンドでしたもんね。

サーバルちゃんも大活躍でしたし、そういった面で号泣したのだと思います。

尾崎由香の子役時代は?

尾崎由香さんの子役時代の芸名は、「尾崎千瑛」ではないかと言われています。

声や顔の特徴がよく似ている上、出身地、生年月日が一緒です。

その尾崎千瑛が尾崎由香なら

当時サンムージックブレーンに所属していて

2000年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」の和姫役デビューしています。

あとは、Dr.コトー診療所 2004年スペシャルや、新・天まで届けなど

有名なドラマに出演されています。

最後に

けものフレンズでのサーバル役が当たり役だと言われている尾崎由香さん。

舞台化もたのしみですね!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする