ヨネクラジム閉鎖!米倉健司会長やトレーナーの今後を調査!

スポンサードリンク

ヨネクラジム閉鎖!米倉健司会長やトレーナーの今後を調査!

プロボクシングのヨネクラジムが2017年8月に閉鎖することになったそうです。

ヨネクラジムといえば、五人の世界王者を輩出した名門ジム。

テレビで人気のガッツ石松さんもヨネクラジムに所属していました。

今回は、ヨネクラジムについて調べてみました。

ヨネクラジムとは?

ヨネクラジムは、ボクシングの世界チャンピオン5名、東洋太平洋チャンピオン9名

日本チャンピオン31名も輩出した名門中の名門のボクシングジムです。

ヨネクラジムは1963年3月に開設されたジムで、会長は元プロボクサーの米倉健司さん。

米倉健司は、日本フライ級王者と東洋バンダム級王者を経験されています。

このヨネクラジムから輩出された世界チャンピオンには

元WBC世界ライト級チャンピオンのガッツ石松さん

元WBCスーパーフェザー級チャンピオンの柴田国明さん

元WBCライトフライ級チャンピオンの中島成雄さん

元WBC世界スーパーフライ級チャンピオンの川島郭志さん

元WBA世界ミニマム級チャンピオンの大橋秀行さんがおられます。

このジムは、選手の性格にあったボクシングスタイルを見つけて

育てていくことを信条としていました。

ヨネクラジムが閉鎖する理由は?

今回、ヨネクラジムが閉鎖する事になった理由は

会長の米倉健司さんの体調不良だそうです。

米倉健司会長は、現在82歳で、体調がすぐれないそうです。

そのため、選手の指導が満足に行えない状態が続いていたため、閉鎖を決断されたそうです。

また、ヨネクラジムは米倉健司会長が一代限りで閉鎖してしまうそうです。

スポンサードリンク

名門ジムだっただけに残念ではありますが

米倉健司会長の信念を引き継げる後任を探すのは難しいのかもしれませんね。

ヨネクラジム閉鎖後の米倉健司会長やトレーナーの今後は?

ヨネクラジムが閉鎖したの後は、米倉健司会長はそのまま引退するのだと思われます。

過去、ヨネクラジムには伝説のトレーナーと呼ばれた松本清司さんがおられました。

現在、ヨネクラジムのトレーナーの方の情報では

元日本ライト級チャンピオンの嶋田雄大さんがトレーナーをされているという

噂もありますが、はっきりしたことはわかりません。

閉鎖までに、選手の移籍を進めるらしいので

もし、所属トレーナーの方がおられれば、同じく移籍するのだと思います。

最後に

ボクシング世界チャンピオンを五人も輩出した

名門ボクシングジムのヨネクラジムが閉鎖するということで話題になっています。

ヨネクラジムといえば、元WBC世界ライト級チャンピオンの

ガッツ石松さんも現役当時所属されていたジムです。

会長の米倉健司さんは、ジム閉鎖後は引退されるのだと思います。

ボクシングの一つの時代が終わる様な気がしますね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする