テクノ法要はperfume好きbose(坊主)作?お経は唱える?動画は?

テクノ法要はperfume好きbose(坊主)作?お経は唱える?動画は?

みなさんは、テクノ法要をご存知ですか?

法要とは、亡くなった方に対しての供養を営むことです。

それがテクノ??

一体どういうことなのでしょうか?

今回はテクノ法要を調査してみました!

テクノ法要とは?

テクノ法要を行なっているのは、福井県にある照恩寺です。


スポンサードリンク


この照恩寺は、浄土真宗本願寺派になります。

法要を執り行うのは、照恩寺の第17代住職の朝倉行宣さんです。

御堂内には、ステージ照明プイロジェクターなどを設置し

法要では、音楽と映像を照明制御ソフトと同期させ

テクノライブさながらのきらびやかな空間を演出します。

もちろん音楽も流れます。

住職の朝倉行宣さんは、20台の頃に京都で舞台照明の仕事や、DJ活動をしていたそうです。

2015年に住職を継承したのを機に、「自分の好きなことをやらせてもらおう」と

長年考案していた、「お経とテクノを融合した法要」を行うことを始めたそうです。

初めは、受け入れてもらえるのか、不安だった朝倉さん。

お寺といったら、厳かな雰囲気の中で御経を唱えるというイメージですが

その固定観念を破壊するこのテクノ法要を受け入れてもらえるのか、苦悩したそうです。

しかし、奥さんが背中を押してくれて、テクノ法要を実施。

浄土(天国)をイメージしたきらびやかなライトアップをし

テクノ音楽を流したところ、お年寄りからは「御浄土って綺麗やねえ」

「もうすぐ、こんな世界に行けるかと思うと、楽しみだ!」と、好評だったのです。


スポンサードリンク


批判的な意見は少なかったそうです。

テクノ法要を考えついたのは、極楽浄土をイメージするということを

忘れていると感じた朝倉行宣さんが

光や音楽で極楽浄土をイメージしてもらおうと考えたそうなのです。

まさに、その戦略は成功したみたいですね!

テクノ法要はperfume好きなboseが作った?

もともと、perfumeや、イエロー・マジック・オーケストラなどの

パフォーマンスが好きだった朝倉行宣さんが、これらに感銘を受け

このテクノ法要を考案したそうです。

テクノ法要はお経は唱えるの?

テクノ法要は、もちろんお経を唱えておられます。

合わないのではないか・・・と思ったのですが

聞いてみると調和していて、心地よくさえ感じます。

これなら、立派な供養になるのではないでしょうか?

お子さん達も、退屈って考えず、お経が身近なものになるかもしれませんね。

テクノ法要の動画はある?

動画があるのでご紹介します!

極楽浄土をイメージした光は必見ですよ!

最後に

現味、若者のお寺離れ、仏教離れが進んでいます。

お寺の住職さん達も、生き残っていくために、いろいろ試行錯誤をされています。

そんな中で、成功したテクノ法要。

これで、若者も仏教を身近に感じてもらえるといいですね!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする