部活動指導員が国家資格に?資格取得方法や給与、求人募集は?

部活動指導員が国家資格に?資格取得方法や給与、求人募集は?

自分が学生だった頃、部活の先生は授業もしてて、休日もなく働いているイメージでした。

それが、今後変わって行くかも知れません。

部活動指導員という制度ができたそうです。

部活動指導員とは、いったいどのような資格なのでしょうか?

給料面や求人など、部活動指導員について調査してみたいと思います!

部活動指導員とは?

2017年4月1日から、文部科学省では

学校の外部人材に「部活動指導員」制度を創設することを公布しています。

スポンサードリンク

部活動指導員とは、指導するスポーツや文化活動などに関わる

専門的な知識や技術だけではなく、学校教育に関する十分な理解を持っている人が

求められています。

部活動指導員には、事前に研修を行い、その後も研修を定期的に受ける事とされています。

部活動指導員は、部活動が学校教育の一環であることなど

部活動の位置づけや教育的意義、体罰の禁止などについて、重点的に研修があります。

今までは、学校の教員が部活動までになっていたため

先進国の中で日本の教員が勤務時間が一番長い反面、授業時間は平均より短かったそうです。

これは、いかに部活動に時間を取られているかを表していると思います。

確かに、中学校の時など、土日も関係なく部活の顧問の先生は仕事をしていました。

これは、教員の負担になりますよね。

ですので、顧問教員に変わって

部活動指導員が学校の教育計画に基づき、部活動を校長の監督を受け

技術的指導に従事することになりました。

校長は、部活動指導員に部活の顧問を命じることができるようになります。

部活動指導員の仕事は、部活動の実技指導や安全、傷害予防

用具・施設の点検管理、会計管理など、多岐にわたります。

スポンサードリンク

そして、いままでは学校教員以外の指導者は、「補佐役」だったため

大会などへの引率はできませんでしたが

今回新たに設定された部活動指導員はそれができるようになります。

これで、教職員の負担もだいぶ軽減されますね!

部活動指導員は国家資格なの?

現在は、部活動指導員は国家資格ではありません。

しかし、今後は国家資格となり、指導者の信頼性を高めようと、自民党は考えています。

やはり、教育に関わる大切な部活動ですから、国家資格がいいと思います。

その人が信頼できるかどうか、子供を任せられるのかどうか

保護者としても指針となりますし

その部活動指導員を雇用する学校側としても、判断基準となるでしょう。

部活動指導員の国家資格は、教員と外部人材の双方が取得できることとし

合格者は「スポーツ専門指導員(仮称)」に認定されます。

資格習得にあたっては、実技テストや研修を受けるようです。

「スポーツ専門指導員(仮)」ということは、運動部がメインなのでしょうね。

でも、文化部もこういった制度が必要なのではないでしょうか?

音楽部とかも、専門的知識がいりますよね。

今後法改正で検討されて行くかも知れません。

部活動指導員の資格取得方法は?

調べてみたのですが、現在は特に取得方法はないようです。

学校側が、専門分野に関して詳しい人を見つけて、雇うといった感じなのでしょうか?

きちんとした資格として、やはり国家資格にしたほうがいいでしょうね。

曖昧すぎる気がします。

部活動指導員の給与や求人募集は?

東京都教育委員会では、人材バンクモデル事業として、人材の登録を募集しています。

給与面については記載がないので、明らかではありませんが

小学校では、ほぼ無償ボランティアだそうです。

また、交通費もでないとか。

今後、国家資格にしても、給与面はどうなるのでしょう。

部活動があるのは、授業が終わってせいぜい2~3時間。

そして、現在土日に部活があって休みがないのも問題になっていますので

土曜日のどちらかだけやったとしても、大した労働時間にはなりません。

正社員にすると言う案もあるようですが、難しいのではないでしょうか?

ただでさえ、教職員ですら非正規が多いのに

部活動するだけで正社員では、不公平な気もします。

今後の課題でしょう。

最後に

教職員の負担の軽減と、学習に時間を配置し

学習面の充実を図るために設置された部活動指導員。

調べれば調べるほど、まだまだ不十分な面があります。

今後国家資格となれば、どのような勤務体系になるのか。

これからもっと議論を重ねる必要があるでしょう。

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする