エマニュエルマクロンとユダヤの関係は?政策や移民の影響は?

エマニュエルマクロンとユダヤの関係は?政策や移民の影響は?

2017年5月のフランス大統領選の決選投票で

エマニュエルマクロンさんが大統領当選を確実にしました。

大統領選では、エマニュエルマクロンさんとマリーヌルペンさんの決選投票となりました。

極右のマリーヌルペンさんが大統領になれば

フランスがEUから離脱するかもしれないということで、世界的に注目されていました。

結果は中道のエマニュエルマクロンさんが当選確実となりました。

エマニュエルマクロンさんがフランスの大統領となるとどうなるのでしょうか?

スポンサードリンク

今回は、エマニュエルマクロンさんについて調べてみました。

エマニュエルマクロンとは?

エマニュエルマクロンさんのプロフィールから見ていきましょう

  • 生年月日:1977年12月21日
  • 出身地:フランス
  • 出身校:パリ政治学院 国立行政学院
  • 前職:投資銀行 銀行員

エマニュエルマクロンさんは、神経学者の父と石の母の間に生まれます。

大学を卒業したエマニュエルマクロンさんは

2004年からフランス財務局財政監査総局で監察官として働いています。

2006年に社会党に入党し

2008年にはロスチャイルド家の中各銀行のロチルド & Cieに入港し

2010には副社長格まで昇進しています。

2007年、エマニュエルマクロンさんは、24歳年上のブリジットさんと結婚しています。

ブリジットさんは、エマニュエルマクロンさんの高校時代の教師だったそうです。

ブリジットさんは、エマニュエルマクロンさんの大統領選に全面的に協力してきたそうです。

エマニュエルマクロンさんの演説へ助言したり、公約の作成も手伝っているそうです。

そして、39歳という若さでエマニュエルマクロンさんは大統領選を当選確実としました。

エマニュエルマクロンとユダヤの関係は?

エマニュエルマクロンさんは、ロスチャイルド家の中各銀行に勤めていました。

その銀行では、副社長格まで昇進しています。

スポンサードリンク

そのため、エマニュエルマクロンさんを

ロスチャイルド家が支援しているとも言われています。

そのロスチャイルド家はユダヤ系だと言われています。

そのため、エマニュエルマクロンさんとユダヤとの関係があるのでは?と言われています。

エマニュエルマクロンの政策や移民の影響は?

大統領選において、エマニュエルマクロンさんは以下を公約としていました。

  • 親EU、単一通貨ユーロを維持し、シェンゲン協定にとどまる。
  • 歳出削減と公共投資のバランスを重視し、構造改革を進め財政再建を図る。
  • 17年の財政赤字についてGDP比2.9%にすることを守る。
  • 最大12万人の公務員を削減
  • 公的保険改革で600億ユーロの歳出削減
  • 500億ユーロをエネルギーやインフラへ公的投資
  • 法人税率を現行の33.3%から25%に引き下げ

また、エマニュエルマクロンさんは移民については寛容で

積極的な受け入れを政策に盛り込んでいるようです。

エマニュエルマクロンさんが勝利したことで

フランスのEU離脱危機が回避されると考えられます。

そのため、フランスやドイツの国債の買い戻しが予想されます。

なので、金融市場は堅調に推移するのではないかと見られています。

最後に

フランス大統領選で、反EU、脱ユーロを主張していたマリーヌルペンさんが敗退し

親EU、ユーロ継続のエマニュエルマクロンさんが勝利したことで

EUはフランスが脱退するかもしれないという危機感を脱したように思われます。

また、エマニュエルマクロンさんが勝利したことで

金融市場も堅調に推移するのではないかと見られています。

トランプ大統領の誕生や、イギリスのEU離脱など

世界的に衝撃的な事が多かった2016年ですが

2017年は世界的に安定した方向に進むことを願います。

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする