YOSHIKIの人工椎間板置換術とは?主治医トミートミザワは凄腕?

YOSHIKIの人工椎間板置換術とは?主治医トミートミザワは凄腕?

X JAPANのYOSHIKIさんが、深刻な損傷をクビに負っているとのことで

緊急手術のため、コンサートやツアーなどが未定、延期になりました。

5月16日の頚椎の人口椎間板置換術を受けるとのこと。

心配ですね。

今回は、YOSHIKIさんがうける人工椎間板置換術について調べてみようと思います。

YOSHIKIの人工椎間板置換術とは?

首の骨は、脊椎という一個の骨が7個連なってできています。

スポンサードリンク

椎間板とは、その一個一個の骨の間のことを言います。

人工椎間板置換術とは、椎間板を摘出した上下の骨を癒合させることなく

可動性を温存させる手術です。

首の痛みが肩や腕まで広がったり、脱力やしびれを伴ったりする場合は

椎間板ヘルニアや、骨棘といって骨が棘のように変形した状態で

刺激によって起こるものによる脊髄神経や、神経根への圧迫が原因の場合

リハビリなどの保存的治療で治らない場合に行われる手術です。

椎間関節をくっつける方法ではないので、首の動きが自由で日常生活も楽になります。

また、固定しないので、椎間板自体の動きもスムーズです。

手術後の疼痛が無く、安静にしなければならない期間も短くて済みます。

退行性変性(組織や機能の減退のこと)を最小化するので、再手術の確率が低いです。

適応対象としては、椎間板が潰れてひどい痛みのある方。

ひどいヘルニアがある方

などがあります。

YOSHIKIさんは、すでに左手の感覚を失っているそうなので

神経の圧迫があると考えられます。

スポンサードリンク

このまま神経を圧迫し続けると、手術をしても後遺症が残ります。

ですので、早めの手術が必要になったのだと思います。

YOSHIKIの手術の成功率や入院期間は?

手術の成功率を、どの基準で言うかによって違いがあるのですが

手術自体は普通に行われていることなので、心配はいらないと思います。

しかし、現在の左手の感覚の麻痺は、回復には半年以上はかかるかもしれません。

手術後の回復は比較的早く、数時間後には立って歩けるようになるようです。

海外で手術を受けられるとのことなので、入院期間は日本より短いですから

YOSHIKIさんの場合も1週間もかからないかもしれません。

YOSHIKIの主治医のトミートミザワは凄腕?

トミートミザワ医師について調べてみたのですが、情報はありませんでした。

でも、YOSHIKIさんが任せる医師ですから、きっと名医であることは間違い無いでしょう。

最後に

YOSHIKIさんの状態は非常に心配ですが、これからX JAPANとして活躍するためには

必要な手術だと思われます。

みなさんで、YOSHIKIさんの手術の成功と、症状の改善を祈りましょう!

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする