チケトレ(音楽業界公認)は転売に効果あり?ぴあ仲介で安全?

チケトレ(音楽業界公認)は転売に効果あり?ぴあ仲介で安全?

ライブやコンサートなどのチケットが高値で転売されている問題を防止するため

音楽業界の日本音楽製作者連盟、日本音楽事業者協会、コンサートプロモーターズ協会

コンピュータ・チケッティング協議会の4団体が「チケトレ」をオープンします。

音楽系の団体ってたくさんあるんですね。びっくり。

今回は、音楽業界公認の「チケトレ」について調べてみました。

チケトレとは?

音楽業界公認のチケトレが5月10日12時よりプレオープンし

6月1日12時に正式にサービス開始するそうです。

スポンサードリンク

サイトはこちらです。

チケトレ

なんとも怪しい感じのサイトですが、プレオープンの時には綺麗になるのでしょうか?

チケトレとは、チケットの2次流通システムです。

コンサートやライブ、イベントのチケットを購入したけど

本当に行けなくなってしまい困っている人を救済するためのシステムでもあります。

チケトレでは、チケットの転売価格を定価にすることで

高値転売などの利益目的での転売を締め出すとしています。

チケトレは高値転売に効果があるの?

定価での転売で、チケトレは高値転売への対策となるのでしょうか?

ネットオークションやフリマアプリなど

ネットでは転売できる場所はいくらでも見つかります。

そもそものチケットの販売元やイベント会場などもうまく連携しないと難しい気もします。

高値転売する側は、本物のチケットを転売して利益が出ればいいわけで

そのチケットが無効になっていても関係ないでしょう。

最終的に泣くのは高値で買ってしまった人ですが

スポンサードリンク

買った人が悪いと言われればそれまでですよね。

高値転売は無くならないような気がします。

チケトレでぴあが利用者を仲介するけど、取引は安全?

チケトレでは、代金の授受は利用者間では行わず、「ぴあ」が仲介するそうです。

チケットを買いたい人は、チケトレに代金を支払います。

チケトレは、チケットを売りたい人に

ライブやコンサートなどのイベントが終了する4日後までに代金を振り込むそうです。

チケット自体は売りたい人が買いたい人に直接送るそうです。

このチケットに不正があったり届かないなどのケースがあった場合は

チケトレが購入者に全額返金するそうです。

なので、利用者は安全に取引が行われる様に工夫されています。

でも実際には、利用者はチケトレに利用料を支払う必要があります。

出品者は1回あたり380円購入者はチケットの金額の3%がかかるなどとしています。

まあ、チケトレも運営コストがかかるのはわかりますけど

結局儲けを取るのですかというイメージは拭えませんね。

最後に

ライブやコンサートなどのチケットが高値で転売されている事が問題になっていました。

しかし、そもそも、どうしても行きたい人は高くても行きたいわけで

高値転売が成立してしまう原因は無くなりません。

難しい問題ですね。

スポンサードリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする