神尾哲男(シェフ)のwikiやお店はどこ?家族や年齢・レシピは?

神尾哲男(シェフ)のwikiやお店はどこ?家族や年齢・レシピは?

末期ガンと診断されながらも独自の食事療法で

14年間もガンを抑えた料理人の神尾哲男さんをご存知ですか?

14年間もガンを抑えたことから「奇跡のシェフ」とも呼ばれています。

神尾哲男さんは5月4日に亡くなられてしまいました。

ご冥福を御祈り致します。

今回は神尾哲男さんについて見ていきましょう。


スポンサードリンク


神尾哲男(シェフ)とは?wikiはある?年齢は?

神尾哲男さんのwikiを探してみたのですが、見つかりませんでした。

神尾哲男さんのプロフィールを紹介します。

  • 生年月日:1952年
  • 出身地:埼玉県深谷市
  • 最終学歴:舌間県立本庄高等学校

神尾哲男さんは18歳でフランス料理の道を目指します。

21歳の頃、東京都目黒区のフランス料理店「自由が丘トップ」で仕事をされています。

そして24歳のころ「レストラン・ブッシェ」の料理長に就任しています。

24歳の若さで料理長って凄いことですよね!

神尾哲男さんは、2002年に末期ガンの宣告を受けたそうです。

その時、すでに前立腺がんがステージ4まで進んでいて

診察した医師からは「行きているのが信じられない」と言われたんだとか。

手術や抗がん剤投与などをしたそうですが好転しなかったそうです。

そこで神尾哲男さんは

「俺は料理人なんだから、食事でどうにかしよう」と決意したとのこと。

2007年にレストランポコを開業し、体に優し料理の研究に取り組んだそうです。

そんな神尾哲男さんの好きな言葉は「自分の病は自分で治す!!」だそうです。

神尾哲男(シェフ)の家族構成は?

神尾哲男さんの家族構成について調べてみましたが詳しくは分かりませんでした。


スポンサードリンク


神尾哲男さんの葬儀の喪主は神尾哲男さんの妻の真木子さんだそうです。

お子様もおられるのではないかと思うのですが、情報は見つかりませんでした。

神尾哲男(シェフ)のお店はどこ?

神尾哲男さんが2007年にオープンしたレストランポコですが

2013年には閉店されています。

その後は、地産地消をテーマにした

「前橋市を色のまちへ」の活動に力を入れられていました。

神尾哲男(シェフ)のレシピが知りたい!

神尾哲男さんのレシピをネット上で探してみましたが

公開されているものはありませんでした。

しかし、神尾哲男さんは書籍を2冊ほど執筆されています。

  • 奇跡のシェフ
  • がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事

「奇跡のシェフ」では多数のレシピが紹介されています。

Amazonの目次から抜粋します。

ソース(万能うまみ調味料

出汁 ほか)

野菜(ラタトゥイユニース風

ロールキャベツトマト煮込み ほか)

魚(鮭フレーク

ホタテとサーモンのカルパッチョ ほか)

肉(鶏胸肉ソテーバルサミコソース

鶏もも肉の赤ワイン煮 ほか)

パスタ(ペンネ・アラビアータ

スパゲティ・ペペロンチーノ ほか)

スープ(ジャガイモのスープ

カボチャのスープ ほか)

ドレッシング(柑橘系ドレッシング

ニンジンと各種野菜のドレッシング ほか)

調味料(塩 醤油 ほか)

「がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事」では

がんとの付き合い方や、調味料を変えることの大切さが記されています。

最後に

14年もの間、がんを押さえ込んだ食事法で「奇跡の料理人」といわれる神尾哲男さん。

5月4日に亡くなられてしまいました。

ご冥福を御祈り致します。


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする