ガニガンロペスのwikiは?戦績や動画で拳四朗戦の勝算を調査!

5月20日、有明コロシアムにてWBC世界ライトフライ級タイトルマッチが行われます。

王者ガニガンロペスに挑戦するのは拳四朗選手。

拳四朗選手はガニガンロペス選手対策として

サウスポーのボクサーとスパーリングも積んきました。

タイトルマッチではどちらが勝つのでしょうか?

今回は、ガニガンロペス選手について見ていきましょう。

ガニガンロペスとは?wikiは?

ガニガンロペス選手のプロフィールから紹介します。


スポンサードリンク


  • 生年月日:1981年11月12日
  • 身長:164cm
  • 出身:メキシコ
  • スタイル:サウスポー

ガニガンロペス選手は、2003年8月7日に

ミニマム級で判定勝ちでプロデビューしています。

プロボクサーのガニガンロペス選手ですが、メキシコの準公務員なんだとか。

準公務員として働きながらプロボクサーをしているのってとても大変な気がしますね(汗)

ガニガンロペス選手のwikiは検索で出てこなかった方も多いと思います。

なぜか、ガニガンロペス選手の名前で検索しても出てこないのです。

でもwikiはあるんです。

こちらがガニガンロペス選手のwikiです。

ガニガン・ロペス – Wikipedia

ガニガンロペスの戦績は?

ガニガンロペス選手の戦績を見ていきましょう。

総試合数34、勝ち28(KO17)負け6

獲得タイトルは以下の通りです。

  • WBCラテンアメリカミニマム級王座
  • WBC世界ミニマム級シルバー王座
  • CABOFEカリブライトフライ級王座
  • WBF世界ライトフライ級王座
  • WBC全米ライトフライ級王座
  • WBCインターナショナルライトフライ級王座
  • WBCラテンアメリカフライ級王座
  • WBC世界ライトフライ級王座

ガニガンロペス選手はWBC世界ライトフライ級王座の防衛中で

拳四朗選手との試合では2回目の防衛を目指します。

ガニガンロペスの動画をチェック!

ガニガンロペス選手が当時王者だった木村悠選手に挑戦し

勝利した動画がありましたので紹介します。


スポンサードリンク


この試合で、ガニガンロペス選手はWBC世界ライトフライ級王座を獲得しました。

ガニガンロペスと拳四朗の試合、勝つのはどっち?

ガニガンロペス選手は、速い選手ではないそうですが

コンビネーションと防御が上手く、正面からの攻撃は喰らわないと定評があります。

また、防衛回数こそ少ないものの、多数のタイトルを獲得した実力者でもあります。

しかし、木村悠からタイトルを勝ち取った試合で怪我をし

しばらく試合から遠ざかっています。

対する拳四朗選手は、たった10戦で世界戦という勢いのある選手です。

年齢差もあり、ガニガンロペス選手より10歳も若いです。

また、サウスポー対策もしっかりと行なっているんだとか。

ガニガンロペス選手がやや部が悪い気がしますがどうでしょうか?

最後に

5月20日に有明コロシアムにて行われるWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。

対戦するのは王者のガニガンロペス選手と挑戦者の拳四朗選手。

どちらが勝つのでしょうか?

試合が楽しみですね!

関連記事

寺地拳四朗が世界戦!wikiや戦績・身長は?動画をチェック!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする