中村獅童の肺腺がんの初期症状や治療は?健康診断や復帰予定は?

中村獅童さんが、ごく初期の肺腺がんで

手術を受けることを発表されました。

肺腺がんとは、いったいどのようなガンなのでしょうか。

調べて見ました。

中村獅童の肺腺がんはどんながん?初期症状は?

肺腺がんは、肺がんの60%を占めているガンで

日本において、もっとも発生頻度の高いガンです。


スポンサードリンク


肺腺がんは、がんのなかでも「非小細胞肺がん」

というものの一部で、喫煙との因果関係は低いです。

なので、タバコを吸っていなくても

このがんにかかる可能性があります。

また、肺の気管支の細い部分に発症する場合がとても多く

通常のレントゲンで発見しやすいです。

肺腺がんは、肺の末梢部分に発生する肺野型がんとして

現れることが多く、初期段階では自覚症状はありません。

なので、中村獅童さんも

健康診断で見つかったとのことなので

自覚症状はなかったと思われます。

特に、中村獅童さんは、ごく初期とのことなので

胸のレントゲンで発見されたのではないでしょうか?

中村獅童さんの場合はごく初期でしたが

進行すると、症状が現れてきます。


スポンサードリンク


進行すると、長期間の空咳

血の混じった血痰、ゼイゼイいう喘鳴(ぜいめい)

胸の痛みなどが現れます。

肺腺がんは、気管支の末梢の細い部分にできることが

多いガンなので、胸膜に影響を及ぼし

胸水がたまるといったケースも見られます。

また、血管が多いので、他に転移がしやすいです。

リンパ節や体の遠くへの転移(遠隔転移)が起きやすいです。

肺腺がんが、初期症状がほとんどないため

初期段階で見つけることが困難です。

ですので、中村獅童さんは本当に運がいいと思います。

肺腺がんの治療や手術は?

肺腺がんは、「非小細胞がん」の一種なのですが

非小細胞肺がんの治療法としては

手術療法、放射線療法、化学療法の3つが主な治療法です。

手術療法

がんが進行しておらず、手術で取り切れる場合は

手術療法を行います。

中村獅童さんは、このパターンですね。

ガンの広がりや進行具合によっては

肺の一部を取り除く場合と

片側の肺全体を取り除く場合があります。

また、手術をした後、がんが残っていたらいけないし

転移していてはいけないので

再発防止のため、抗がん剤などの化学療法や

放射線療法を行うこともあります。

放射線療法

X線や、その他の放射線を用いて

がん細胞を死滅させたり

がんの成長を阻止させたりする治療です。

放射線療法には、「対外照射」と

「体内照射」があります。

対外照射は一般的な放射線療法で

体の外から、がん細胞に放射線を当てます。

体内照射は、針やワイヤー、カテーテルなどを

通じてガンの内部やその周りに放射線を当てます。

化学療法

抗がん剤を使って、がん細胞を死滅させる

もしくはがんの増殖を抑える治療法です。

中村獅童の健康診断結果の内容は?

中村獅童さんは、健康診断で発見されたとのことなので

胸のレントゲンで発見されたのでは無いかと思います。

しかし、レントゲンで怪しいからといって

すぐ確定とはなりません。

その後、胸のCTなどを撮ったり

気管支鏡と言われる内視鏡を

口や鼻から挿入して検査します。

その気管支鏡で、怪しい部分の細胞を取って

生検という検査を行います。

組織そのものが、がんなのか

がんならどう行った種類かを調べます。

それらの検査で病名を確定し

初めて治療方針が決まります。

中村獅童の復帰予定はいつ?

中村獅童さんは、6月から7月の公演を休演するそうなので

手術自体は6月に行うのでしょう。

手術後は、体の臓器をとって

そこに空洞ができます。

空洞に血がたまらないように胸腔ドレーンと言って

溜まった血液などを排出する管をつけます。

それが取れたら退院です。
傷自体は7日もあればくっつきますので

入院期間は10日前後だと思われます。

ですので、大事をとって

7月も休まれるのでは無いでしょうか?

8月には元気な姿が見られると思います。

最後に

ごく初期に見つかったという肺腺がん。

中村獅童さんは運がいいですね。

しっかり治療を受けて、元気な姿をみたいです!

みなさんも、健康診断は

しっかり受けるようにしましょう。


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする