ワナクライ(ランサムウェア)感染経路やサイバー攻撃対策・wikiは?

世界中でランサムウェアのワナクライ(WannaCry)が脅威を振るっています。

ランサムウェアとは、マルウェアの一種です。

コンピューターウイルスとかもそういった類ですね。

パソコンがランサムウェアに感染すると、そのパソコンが使えなくなり

画面上に「元に戻すにはお金を払え」といったメッセージが表示されます。

つまり、パソコンを人質に身代金を要求して来るのです!

怖いですね。

今回は、ランサムウェアの一つで


スポンサードリンク


世界中で猛威を振るっているワナクライ(WannaCry)について調べてみました。

ワナクライ(ランサムウェア)とは?wikiは?

ワナクライとは、英語でWannaCryと表記します。

このワナクライ(WannaCry)はランサムウェアの一つです。

ランサムウェアとは、冒頭でお話ししたとおり

パソコンを人質に取り、身代金を要求して来るマルウェアの1つです。

マルウェアとは、パソコンウイルスですね。

なので、ワナクライもパソコンウイルスの一つです。

パソコンがワナクライに感染すると、パソコン内のファイルが開けなくなってしまいます。

そして、画面上にメッセージが表示されます。

「100ドル支払ったら開くようになります」

といったメッセージが表示されます。

パソコンを人質に取った身代金要求と言われています。

もしも、ワナクライに感染してしまって、ファイルが開けなくなってしまった場合

身代金を支払ったらファイルは開く様になるのでしょうか?

イギリスでランサムウェアに感染して、支払いをした人を対象に調査した結果


スポンサードリンク


約半数が開ける様になったそうです。

では、支払いをすれば解決するのかというと、開かなかったケースも約半数あります。

あくまで犯人の思いのままなのです。

ワナクライの身代金の要求はBitcoinだそうです。

これもワナクライの特徴の一つです。

世界中に蔓延するワナクライですから

世界中から集金できる方法としてBitcoinなのでしょうね。

大切なのはワナクライなどのパソコンウイルスに感染しない様にすることです。

ちなみに、ワナクライは新種なので、wikiはありませんでした。

ワナクライ(ランサムウェア)の感染経路は?

日本でもワナクライに感染したという報告が9件あります。

ワナクライはネットワーク経由で感染します。

クラウドストレージサービスの「Dropbox」からも

ワナクライに感染したという報告もあります。

これは、Dropboxの仕組みが悪用されたそうです。

他にも考えられる感染経路は、メールやファイル交換ソフト、他人のUSBスティックなど。

知らないメールは開かない、変なソフトは使わないといった事が大切です。

ワナクライ(ランサムウェア)のサイバー攻撃対策は?

ワナクライはパソコンの脆弱性をついて感染します。

Windowsでは対策アップデートが公開されていますので

ソフトウェアアップデートでOSを最新の状態にしましょう。

また、ウイルス対策ソフトの導入をしましょう。

自分だけは大丈夫という人が居ますが、ダメですよ。

パソコンはウイルスに感染するものだという認識を持ちましょう。

今のご時世、ウイルス対策ソフトは絶対に必要です。

変なメールやリンクは開かないから大丈夫と思っているそこのあなた!

それでも感染するのがパソコンウイルスです!

必ずウイルス対策ソフトを入れ、こまめにソフトウェアアップデートを行いましょう!

最後に

パソコンには個人情報がたくさん入っています。

ネットで買い物をする方なら、自宅住所やカード番号なども

パソコンの中に記録されています。

保存していないから大丈夫と思う人もいるかもしれませんが

入力履歴などが残っていたりします。

なので、必ずウイルス対策ソフトは導入してくださいね!

パソコンウイルスに感染してから後悔したのでは遅いのです!


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする