沖田×華の看護師・風俗嬢・漫画家の経歴の理由や発達障害を調査!

漫画家の沖田×華さんってご存知ですか?

代表作は「透明なゆりかご」です。

「透明なゆりかご」は、看護科に通う女子高生が産婦人科でアルバイトをするお話ですが、

重い内容ながら、感動すると話題になり、累計215万部以上売り上げています。

自伝マンガの「蜃気楼家族」では、本人以外の登場キャラクターの名前を本名にしてしまい、

そこから本名が「寺田美雪」ではないかと噂されたりと、話題に事欠きません。

今回は漫画家の沖田×華さんについて調べてみました。


スポンサードリンク


沖田×華とは?本名は寺田美雪?

「透明なゆりかご」や「蜃気楼家族」など、

重たいけど感動すると話題のマンガの作者、沖田×華さん。

プロフィールから見ていきましょう。

  • 生年月日:1979年2月2日
  • 血液型:B型
  • 出身地:富山県魚津市

沖田×華さん、本名は「寺田美雪」ではないかと言われています。

沖田×華さんの自伝マンガ「蜃気楼家族」では、

沖田×華さん以外の登場人物を本名のまま出版したそうです。

そもそも、沖田×華さんは、「どうせ売れないだろう」と思っていたそうです。

なので、登場人物の名前を変えずに出版したそうですよ。

「透明なゆりかご」ではまさかの200万部超え。

ネットユーザーは沖田×華さんの名前が気になったらしく、

「蜃気楼家族」の登場キャラクターの名前から該当するのが

「寺田美雪」さんではないかと突き止めたようです。

ネットユーザー恐るべし。

沖田×華は発達障害?

沖田×華さん、小さい頃、あまりにも勉強ができなかったので、

病院で検査したところ、発達障害とADHDと診断されたそうです。

大人になってからは、さらにアスペルガーだと診断されたんだとか。

沖田×華さん、親が「安定した収入のある職に」との進めから看護師になりました。


スポンサードリンク


発達障害と診断されていた沖田×華さんですが、看護師の免許は取れたので

頭は悪くないと自分では思っていたそうです。

しかし、実際に看護師の仕事をしていると、色々と困ることがあったそうです。

「あれ」とか「それ」とかの指示語が理解できないことに気がついたそうです。

指示語がわからないと、日頃から大変な気もしますよね。

それでも沖田×華さんは「自分で稼いで生活する」ことを大切に生きて来たそうです。

沖田×華の看護師・風俗嬢・漫画家の経歴の理由とは?

沖田×華さんは、親の勧めで高校卒業後は看護師になります。

しかし、指示語が理解できないことで、仕事が続けられないと分かると、

看護師をやめて風俗嬢に転職しています。

風俗嬢になった理由は、お金を稼ぐことだったそうです。

風俗は若いうちしか働けないので、

当時22歳だった沖田×華さんはラストチャンスと飛び込んだそうです。

なんだかすごい思い切りですよね。

風俗で2年ほど働いた頃、仕事に疲れていた沖田×華さん。

何気なく書いた絵を、漫画家の桜壱バーゲンさんが褒めたことがキッカケで

漫画雑誌に投稿するようになったそうです。

そして、新人賞の選外奨励賞に選ばれて26歳で漫画家としてデビューしました。

沖田×華さんの描くマンガには、本人の過去や病気のことも描かれていて、

読者の心を掴んでいったそうです。

最後に

発達障害を抱えながらも、自分で稼ぐことを大切にし、懸命に活動してきた沖田×華さん。

その生き様が描かれたマンガに読者は励まされるそうです。

今後もご活躍されることを応援しています。


スポンサードリンク


関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする